ろばたログ

ゲーム全般、お絵かき、マンガ・アニメ等について記すブログ。

macでwacomのペンタブレットを複数のディスプレイの一つにマッピングする

macでのwacomペンタブレットの設定がwindowsと異なっていたのでメモ。

あらかじめwacomのサイトから最新のドライバをダウンロード、インストールしておく。

「システム環境設定」を開き、その下の方にある「ワコム」を開いて、「ペン」のタブを開く。
「座標検出モード」の枠内にある「マッピング」を開く。

20140906-1
するとこのような画面が出るので、「表示エリア」欄内の「全画面」のタブに入っているチェックを「モニタ」に変える。
最後に「モニタ」の横にある数字を切り替えると、マッピングするディスプレイを切り替える事ができる。

PCにwacomのペンタブレットを接続していないとこの設定は出来ないので注意が必要。


無料ブラウザゲーム比較・レビュー

艦隊これくしょんにはまって以来、それまであまり見向きしていなかったブラウザゲームに手を出すようになりました。やってみて面白かった基本無料ブラウザゲーム(RPG)についての情報をまとめてみます。

#0 全体のまとめ
・ここに載せたゲームは全て多少なりとも面白かった
・また全て一応無課金でも進められる。
・お勧めなのはかくりよの門
・万人向けではないが、個人的に好きなのは幻想戦姫

#1  アルフヘイムの魔物使い (株式会社アピリッツ)
名称未設定1
*良い点
・背景のドット絵がきれい。
・仲間集め、キャラクターの育成が楽しい
・キャラがかわいい。シシリーちゃんかわいい。
*悪い点
・主人公の喋りが微妙。女キャラでも男っぽい口調で喋る。
・全体的にUIのパーツが細かくて操作しづらい。特に文字が小さい。
・やや動作が重い。

*概要・評価
経験値を稼ぎ、クエストを達成し、可愛らしい(モンスターっぽいのも居るけど)魔物を仲間にしていくファンタジーMMORPG。
プレイヤー同士での協力プレイやアイテム売買などの要素はあるが、いわゆるギルドは無い。
サービス開始からやや時間が経っているが、町の様子などを見る限り活発にプレイされている模様。
個人的にはゲームとして面白く、グラの評価もなかなか。
しかし主人公が年齢低めな男のノリで喋るのと、やや動作が重いのが難。
また他のゲームと比べて進行させるのにやり込みが必要であり、わずかな時間でサクッとやりたい人には向いていないかもしれない。

#2 かくりよの門(株式会社アピリッツ)
brauza3

*良い点
・キャラ絵が可愛く、洗練されていて、統一感がある。 
・お金の使い道の取捨選択、自キャラ及び式姫の強化が楽しい。
・動作が快適(私の環境では)
*悪い点
素材集めにやや作業感がある
・戦闘時のUIが操作しづらい
・世界観が狭い

*概要・評価
陰陽師となって可愛らしい式姫を仲間にし、妖怪を退治していく和風ファンタジーMMORPG。
他プレイヤーとの協力などのMMOっぽい要素は、アルフヘイムの魔物使いと同じくらいの分量(軽め)。
主人公は女しか選択できないが、他の多くのブラウザゲームで主人公のグラが適当なのに対し、このゲームではクオリティの高い絵から主人公の立ち絵が選べるのが高評価。しかも可愛い。
自キャラと式姫の強化が楽しいが、舞台が日本列島をモデルにした架空世界で、いまいち強くしたキャラの活躍の場が狭い感じが気になる。まだサービスが始まって間もないので、それは今後変わって来るかもしれない。

#3 Lord of Walkure(ロードオブワルキューレ)(株式会社DMM.comラボ)
brauza4

*良い点
・クオリティの高い女の子のキャラ絵
・カード集めが楽しい
・ガチャがそれなりに重要
*悪い点
ゲーム性が薄い
・画面が小さい
・ガチャがそれなりに重要

*概要・評価
エロ可愛いワルキューレ達を導く騎士となり、モンスターを倒し、クエストを進め、装備を整え、ワルキューレを収集・強化するMMORPG。
MMOっぽい要素は"アルフヘイムの魔物使い"や"かくりよの門"などよりもさらに薄い。
とにかくワルキューレを集め、その美しい容姿にニヨニヨするゲーム。ゲーム性は薄いが、楽しむべき所はゲーム性ではなく女の子。
これは多くのDMMのゲームに言える事だが、ゲームにおけるガチャの重要性が高いというか、思わず札束を差し出したくなるバランス調整が施されている。
お金を払ってガチャを回すのが楽しい人にはうれしく、1円も払いたく無い人にはうれしくない特徴。(一応課金しなくてもゲームを進める事はできるし、それなりにキャラを集める事もできる。)
一つ気になったのは、色々試してみた中でこのゲームが最もゲーム画面が小さかった事。馴れればそれほど気にならないが、どうせならもっと大きな画面でワルキューレを見たかった。

#4 剣と魔法のログレス(株式会社マーベラス)
brauza1
*良い点
フィールドでも戦闘でもよく動くドット絵
・割と本格的なMMORPG的システム
・多様な装備
*悪い点
キャラクターのグラがいまいち垢抜けていない
・ご褒美要素が魅力的でない(個人的に)
・雰囲気が無い

*概要・評価
モンスターを倒し、クエストを達成し、装備を集めプレイヤーを強化していくファンタジーMMORPG。
ご褒美要素(欲しければガチャを回せ要素)が"可愛い・強いキャラクター"であるブラウザゲームが多いが、このゲームのご褒美要素はキャラクターではなく装備。
しかしメインの要素が自キャラに乗っかるにも関わらず、いまいち自キャラのグラフィックが垢抜けておらず、またキャラが立っていない感じがする。(あるいは装備を目立たせるためにあえてそうしているのかもしれない)
システム的には割と本格的なMMORPGで、クラン(いわゆるギルド)もある。ゲーム全体でドット絵がよく動く、クオリティの高い2DのRPG。
クオリティの高い2DのRPGなのだが、どうにも個性が無いというか、どこかで見た事のあるRPGで、それ以外の何物にも成れていないというか、このゲーム自体の雰囲気というものが感じられない点が残念。

#5 幻想戦姫(USERJOY JAPAN)
brauza2
*良い点
素晴らしいキャラクターグラフィック(個人の感想)
・キャラに個性があり、しゃべる
・戦姫育成が楽しい
*悪い点
・酷い
UI(破綻して(バグって)はいない)
・シナリオの展開が謎
・システムも分かりにくい

*概要・評価
日本・中国・インドなどの神話をモチーフにした世界で戦姫とともに戦うファンタジーMMORPG?
戦姫の育成や戦闘が面白く、個人的には良ゲーで、今も楽しくプレイしている。
しかしユーザーインターフェイスが酷く、シナリオが謎。
今思い出そうとしても、なんで主人公が戦姫と一緒に戦う事になったのか思い出せない。今プレイしている場面に至るまでのシナリオの流れもよく分かっていない。
シナリオ展開が意味不明で、しかも同じ場面を2回見せられる。謎。
またUIが異常に使いづらく、ぱっと思いつくだけで
 ・意図しないボタンを押してしまいやすい
 ・ボタンの機能が分かりにくい
 ・「戻る」ボタンで、元の画面以外に移動する
 ・UIのパーツが多すぎてせっかくの可愛い戦姫のグラがよく見えない
などの欠点がある。
しかしそれを補って余りある戦姫の可愛さがあり、しかも声があるのでなんだかんだ言って飽きない。意外とゲーム性もある。
万人向けでないと思うが、個人的には好きなゲーム。


えもふりでどんな事が出来るか試してみた感想

E-mote Free Movie Maker(えもふり)を試してみた。
emofuri-1
昨日の夜pixivのランキングに載っていた絵でえもふりを知って、徹夜で顔パーツを作成。

emofuri-2
顔を左右に傾けたり、近づけたり遠ざけたり、表情を変えたり、
emofuri-3


上を見たり下をみたりとキャラが動く。

基本的な使い方は、キャラクターのそれぞれのパーツを普通に描いて、見えない部分(体の後ろの髪とか)も描いて、差分(開いた眼閉じた目など)を描く。
それらの絵のパーツをえもふりに取り込んで、どう動かすかを設定するというもの。

今はお絵かき人口すごいし、もっとこういう絵に関するソフトウェアがたくさん公開されていてもいいと思うのだけれど、あんまり無いんだよなぁ。

まだ詳しくいじっていませんが、素晴らしいツールの予感。

えもふりは以下のURLでダウンロードできます。
http://emote.mtwo.co.jp/


ギャラリー
  • macでwacomのペンタブレットを複数のディスプレイの一つにマッピングする
  • 無料ブラウザゲーム比較・レビュー
  • 無料ブラウザゲーム比較・レビュー
  • 無料ブラウザゲーム比較・レビュー
  • 無料ブラウザゲーム比較・レビュー
  • 無料ブラウザゲーム比較・レビュー
  • えもふりでどんな事が出来るか試してみた感想
  • えもふりでどんな事が出来るか試してみた感想
  • えもふりでどんな事が出来るか試してみた感想
  • ライブドアブログ